オンライン診療システムご選定中の医院様へ

オンライン診療システムの導入にあたっては、検討の軸(ポイント)を定めることが重要です。ここでは、以下の3つの検討の軸をご紹介します。不明点や疑問点、より詳細をお聞きになりたい場合は、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
BG

POINT 1 導入目的

システムによって、新規患者の患者増加再診患者の診療機会の選択肢の増加を目的とするかなど、特徴があります。

お悩み解決02

POINT2 サポート体制

医療機関へのサポートはもちろんのこと、患者へのサポート体制も非常に重要です。

POINT3 機能

電子カルテとの同居、問診機能など、既存システムとの連携や、必要な機能があるかをしっかりと把握しましょう。


POINT 1
導入目的

オンライン診療を導入するにあたって、一番重要なポイントは「導入目的」です

  • 新規患者を獲得したい。
  • 既存の外来患者さんの再診の選択肢を増やしたい。
  • 検査結果の説明をオンライン化して効率化したい。
  • 慢性疾患患者さんの脱落を防ぎたい。

など、ターゲットとする患者さんに、どのような行動機会を提供するのかを、施設の考え方を踏まえて考えることが重要です。

新患集客型か、かかりつけ医型か。

 一般的なオンライン診療システムは、患者が”アプリに登録しているすべての医療機関”から受診先を選択して予約をするオープンな仕組みです。このタイプはこれまで接点のない新規患者の増加が期待できる一方で、患者はアプリ内で他の医療機関の情報も閲覧するため、”通院中の患者が他院に移りやすい”懸念があり、地域密着型医療の基軸である「特定の医療機関に通院する」という概念にはマッチしません

 YaDocは、アプリ内で他の医療機関情報が介在しない “かかりつけ医と、その患者のみ”を繋ぐクローズな仕組みです。医療機関から既存の患者さんにオンライン診療を案内し、クローズな環境で安心して開始することができるため地域密着型医療の概念にマッチします。”対面診療” に加え ”オンライン診療”という選択肢が増えるため、患者の通院負担を軽減することができ、診療アクセシビリティを向上させます。


まとめ

  • 新規患者の増加を目的とするなら

 ⇨ 他システムのオンライン診療をおすすめいたします。

 

  • かかりつけ患者の再診の機会創出や診療アクセシビリティの向上を目的とする場合

 ⇨ YaDocのオンライン診療をご検討ください。



POINT 2
サポート体制

システムベンダーのサポート体制・サポート範囲を把握する。

システムベンダーのサポート体制は、医療機関側の負担を軽減する上でなくては成らない要素の一つです。各社がどのようなサポートプログラムを提供しているか、しっかりと把握をすることが重要です。

    オンボーディング(導入)サポートプログラムがあるか

 オンライン診療の開始にサポートは欠かせません。オンボーディング(導入)のサポートが存在しているかシステムベンダーに確認しましょう。サポート内容がしっかりと項目立てされプログラム化されているシステムベンダーであれば導入がスムーズになります。プログラム化されたものが無い場合は、担当によって導入サポートの品質がまちまちになる可能性があります。

    医療機関だけでなく、患者向けのコールセンターを持っているか

 医療機関向けにサポートコールセンターを保持していることは当然ですが、患者さん向けにも同様にコールセンターを保持しているかどうかは、必ず確認するようにしましょう。患者さんが医療機関に「スマートフォンの操作方法」「アプリケーションの使い方」を相談された時にかかる時間コストは想像に固くありません。そういった時に「ここに電話してください」という連絡先の有無は、医療機関側の負担軽減のために、なくてはならない要素です。

    YaDocが提供するオンボーディング(導入)プログラム

 YaDocのオンボーディングプログラムでは、専任のスタッフが「実際のかかりつけ患者と円滑にオンライン診療を行える」まで、医療機関と密にコミュニケーションをとりながら、しっかりとサポートします。
 スムーズに初めてのオンライン診療ができることで、安心してオンライ診療を続けることが可能になります。

 

    YaDocが提供する、医療機関と患者さん、それぞれの”専門コールセンター”

 YaDocでは医療機関からのご質問・相談窓口のほか、YaDocアプリを利用する患者さんのサポートとして”患者さん専用のサポート電話番号”を設置しています。患者さんからの質問は多岐にわたり、スマートフォンの使い方の相談も多くいただきます。YaDocでは医療機関から患者さんにサポート電話番号をご案内いただくことで、医療機関の運営負担を軽減します。


POINT 3
機能

オンライン診療のベース機能とシステムごとに異なる追加機能を把握する。

施設の既存のシステムとの親和性や、導入目的にあった機能があるかどうかをしっかりと把握しましょう。

多くはオンライン診療のベース機能に加えてシステムごとに独自の機能があります。

 

ほとんどのオンライン診療システムにある”ベース機能”

1. 予約機能     患者さんがスマートフォンなどから診察予約を取る機能です。

2. ビデオ通話機能  医師と患者がビデオ通話で繋がり、オンライン上で診察を行えます。

3. 決済機能     オンライン上でクレジットカード決済などの請求処理まで行えます。


上記3機能はほとんどのオンライン診療システムに備わっている機能ですが、保険証確認や通話品質などの違いがあります。

  • 保険証はどうやって確認するか
  • 検査結果説明に画面共有ができるか
  • 患者家族を含めた三者間の通信ができるか
  • 子供医療費助成など、制度上患者負担が無い場合の決済方法
  • トラブルに備えてビデオチャットのソフトウェアに複数選択肢があるか

など、詳しい仕様を確認しておきましょう。

ベース機能に加え、診療の質を向上させる”YaDocの独自機能”

1. 電子カルテと同じPCでご利用が可能

主要電子カルテをすでにご導入いただいている医療機関では、診察室に複数のPCを並べる必要なく、YaDocと電子カルテを同じPCでご利用いただけます。
一部の電子カルテにはYaDocのボタンがすでに表示されています。
ぜひともご確認ください。

【メーカー】
PHC
日立ヘルスケアシステムズ
富士通
湯山製作所
BML
ファインデックス
グローバルソフトウェア
きりんカルテシステム
NTTエレクトロ二クステクノ
キャノンメディカルシステムズ
SRL
Donuts
NTT東日本
セコム医療システム

【電子カルテ名称】
Medicom
Hi-SEED
HOPE Lifemark-SX
BrainBox
①Qualis ②MedicalStation
RIMORA
Easy Karte
カルテZERO
モバカルネット
TOSMEC Aventy2.0
PLANET
CLIUS
Future Clinic 21 ワープ
ユビキタス電子カルテ

2. バイタルを可視化。カスタマイズ可能な問診機能など、日常記録の取得をサポート

患者の主訴・生活記録・バイタルを可視化し、日常の変化を一目で確認できるモニタリング機能や疾患管理機能を搭載しています。 これを活用することによって診療に役立てることが可能です。
また、診察前に各患者に合わせた質問(問診票)を設定し、患者アプリで回答を促すことでよりスムーズに診察を行うことができます。

YaDocが貴院にマッチするかご説明いたします

貴院の状況をお伺いし、マッチするオンライン診療システムの使い方やプランをご提案させて頂きます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。