YaDocの機能

かかりつけ医が安心してオンライン診療を提供できるように、

単なるビデオチャット・予約機能ではない、YaDocならではのかかりつけ医のための機能を備えています。

かかりつけ医のための機能とは

オンライン診療に必要な基本機能に加え、かかりつけ医のための5つのオリジナル機能を搭載しています。

<基本機能>
<5つのオリジナル機能>

1.1on1形式(クローズ環境)

2.モニタリング機能

3.カスタマイズ問診

4.患者メモ

5.主要メーカーの電子カルテ同居

機能1
1on1式のクローズ環境で安心のコミュニケーション

YaDocはかかりつけ医が安心して患者さんにお勧めできるように、かかりつけの医療機関と患者の1対1のクローズな環境をご提供しております。多くのオンライン診療システムは、患者が別の医機関も自由に予約できる仕組みとしていますが、あえてかかりつけ医療機関と患者だけで利用するツールとしていることが特徴です。

機能2
モニタリング機能で患者の日常の変化が一目で分かる。

例えば、ACT(喘息コントロールテスト)といった疾患別の日常の問診、血圧や体温、診療時間外の食事内容、時刻、写真などを患者に記録してもらうことで、日常の症状、食生活などの生活状況を的確に把握することが可能です。

機能3
カスタマイズ問診機能で患者に合わせた日常の質問セットが可能。

患者さんへの日常の質問を自由に作成することができ、日時指定をして、患者さんへ通知を送付することも可能です。特に知りたい日常の情報をご自由にカスタマイズ問診としてご利用いただけます。

例えば、以下のようなシーンで活用することで、患者のより正確な症状・状態を把握し、診療の率の向上につなげます。

・COVID-19の軽症患者の健康観察
・生活習慣病の療養指導時の行動管理
・服薬状況の確認

機能4
患者メモ機能で診察情報を多職種に共有でき、効率化。

例えば・・・
✓ 医師と看護師、栄養士など複数で患者のケアを行っている場合
✓ 診察時に話した内容を院内で共有したい場合
など、診察情報をテキストメモとして残すことで
医師から多職種への情報共有を的確・スムーズに行うことができ、
業務の効率化に役立ちます。

機能5
主要電子カルテと同居可能。ひとつのデバイスで情報連携を。

主要電子カルテ14社をすでにご導入いただいている医療機関

であれば、診察室に複数のPCを並べる必要なく、

YaDocと電子カルテを同じPCでご利用いただけます。

一部の電子カルテにはYaDocのボタンがすでに表示されています。

ぜひともご確認ください。

※診療記録の連携機能はありません。

※2022年4月時点

メーカー

PHC
日立ヘルスケアシステムズ
富士通
湯山製作所
BML
ファインデックス
グローバルソフトウェア
きりんカルテシステム
NTTエレクトロ二クステクノ
キャノンメディカルシステムズ
SRL
Donuts
NTT東日本
セコム医療システム

電子カルテ名称

Medicom
Hi-SEED
HOPE Lifemark-SX
BrainBox
①Qualis ②MedicalStation
RIMORA
Easy Karte
カルテZERO
モバカルネット
TOSMEC Aventy2.0
PLANET
CLIUS
Future Clinic 21 ワープ
ユビキタス電子カルテ

CONTACT

オンライン診療システムの導入にお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

YaDocを詳しく知るお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

安心のセキュリティ

高いセキュリティのもとで、安心して医療機関・患者に利用いただけます。

❶ 堅牢なサーバ環境
・信頼性の高いクラウドサービス(AWS:ISO 27001認証)を使用
・専任のセキュリティ管理者がWebサーバーおよびDBを厳重に管理
❷ 通信の暗号化
・診療内容等の盗聴を防ぐため、ガイドラインで推奨されている
SSL/TLS1.2通信の暗号化を実装
❸ ユーザ環境(医師)
YaDoc導入端末に、クライアント証明書による認証と、ID・パスワードによる「2要素認証」を実装
❹ ユーザ環境(患者)
・メールアドレスまたは電話番号による認証
・患者端末ではなく、サーバにデータを保存
情報セキュリティに関する国際規格 ISMS「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」を取得
国際標準規格の情報管理体制を基盤にした情報セキュリティマネジメント体制を確保
*ISMS:Information Security Management System の略。情報セキュリティマネジメントシステム

動作環境

YaDoc

 

 

医療機関の方向け

OS

(Windowsの場合) Windows 10以降
(Macの場合) High Sierra、Mojave、Catalina、Big Sur、macOS Monterey

CPU

Core i3以上推奨

メモリ

4GB以上 (8GB 以上を推奨)

ブラウザ

Google Chrome最新バージョン

カメラ

解像度(640×480)以上 (PC内蔵カメラを推奨)

ネットワーク

実効速度 2Mbps 以上(10 Mbpsを推奨)

YaDocは、WindowsおよびmacOSに最適化をし開発・動作検証を行っております。iPad(iOS)でご利用の場合、画像が一部崩れて表示されるなどの事象が発生する場合がございます。

待合室問診を利用される際は、別途、iPad(画面サイズ9.7インチ以上)をご用意ください。

 

 

患者さん・一般の方向け

 

iOS

最新のバージョン

Android

7.0以上必須、8.0以上推奨

ネットワーク

実効速度 2Mbps 以上(10 Mbpsを推奨)

動作保証対象外

上記の動作保証環境を満たしていても、機種によっては正常に動作しない場合がございます。当社で正常に動作しないことが確認できている機種は、以下の通りです。

らくらくスマートフォン、シンプルスマホ / iPod Touch / iPad mini / iPhone6・iPhone6Plus以前の端末 / Microsoft Surface / Android Tablet全般 / (HUAWEI) Android Smartphone

iPadをお使いの場合も、iPhone向けのアプリをインストールしてご利用いただけます。(iPad専用のアプリはありません)

Androidのタブレット端末には対応しておりません。

弊社検証環境での確認結果となり、全ての端末での動作を保証するものではありません。

CONTACT

オンライン診療システムの導入にお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

YaDocを詳しく知るお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください